防災のための非常食は定期的に確認が必要です

最近は防災に対する意識が高くなってきているので非常食を用意している家庭も多くあります。私も用意しているのですがこないだ急に気になって確認をしたら期限がかなり過ぎていたのです。いくら普段は使わない物でも賞味期限も消費期限もあるのだということを頭に入れておかなければいけないと痛感させられたのです。もったいないとは思いながらも期限が切れていたので食べるわけにもいかず処分して新しく買ったのです。今度は失敗しないためにも非常食を入れている袋に期限を記入してそれ以外にも頻繫に見るところに書いて貼っています。使うようなことが起こらないほうが良いのは当たり前のことですがいざという時に使うことができるように日頃から確認することが必要だと自覚することができたので今回の失敗は次回に活かすことができるので無駄ではなかったです。

防災グッズに非常食をとり入れる

防災グッズの中でも、一番種類が多いのが非常食ですよね。簡単なのは、昔からあるカンパンなどの乾燥品や缶詰。これは定番ですね。しかし今、本当に非常用なのかと思うほど、沢山の種類の食品が販売されています。主食であるお米。それから賞味期限の長いパン。レトルトパックに入ったおかず類も豊富です。水さえあればレトルトパックを温めて食べることが出来る発火剤と袋のセットなどもありますね。美味しい物を食べなれた時代だけに、味や食べ方にもこだわった物が増えてきたようです。さて、いったいどのくらい準備しておけば良いのかですが、持ち出し用と考えると、3日分相当を詰めておくようにするのが一番だと言うことです。重い物は持つのも大変ですので、缶詰・チョコレート・カンパン・水などが良いでしょう。震災に実際遭遇した経験談などからは、食料など持ち出す余裕はなかったと言う意見があるのも事実です。レトルトパックや温め用品などは、家が孤立状態で電気・ガス・水道が止まった時用と考えて良いかもしれませんね。美味しくバラエティにとんだ非常食が増えた時代ですから、色々な場面をシュミレーションしながら楽しく準備するようにしたいものです。

災害に備えて非常食を用意して防災対策をしてます。

新聞やニュース等で災害に会った方の様子をみると私も大丈夫なのかと心配になります。最近では台風被害での川の氾濫や大雨、土砂崩れや東北地震や津波沢山あります。私は愛知県の沿岸部に住んでいるため東南海地震が予想される為心配しています。回避しても、避難生活になるかもしれないので非常食等の対策は以前から対策をとっています。家の外と中の二箇所に防災袋を用意してあり持ち出せなくても大丈夫な様にしてあります。リュックタイプの袋で両手がふさがらず走りやすい事も考えました。中には乾パン、水も火も要らず食べれるご飯、保存水、防寒着、生理用品等万が一に備えています。私の地域は比較的意識が高い為、避難場所の把握もしていますが別の地域の方は何もされてない場合もあると思います。家族は自分で守る意識を持って日頃考え備えておく事を勧めます。